地方でやっていくための地産地消と手厚いサービス

地元の会社と取引がしたい。都心の会社と取引するのはいいですが、1日に8時間の勤務時間をするのに往復で3〜4時間の時間と交通費(*1)がかかります。システム開発はビジネスですがら契約する時にはそういうコストも加味して見積もりを作ります。しかし、同じシステム開発をするにしても、地元の企業からの注文なら見積もりの金額を下げられます。概算では2割の値引きはできます。近隣であることを生かせば都心の会社には真似できない手厚いフォロープランも用意できる、いや、やります。

せっかく地方で会社を始めたのだから地元の会社の仕事に目を向けていきます。大企業にはできない地元業者ならではサービスを始めます。

*1.北総公団線は料金が高いことで有名。
北総公団線

カテゴリーSOHO