Skip to content

プログラミングのチカラ

Pepperパートナープログラム取得への道

ソフトバンクロボティクス社が販売するPepperには一般向けモデルと企業向けモデル(Pepper for Biz)があります。ハードウェア的には同じですが、サポート体制とインストールされているアプリの構成が違います。企業向けモデル(Pepper for Biz)は会社の業態に合わせたアプリをインストールすることができ、パートナープログラムとはそういう企業向けアプリを開発を請け負うパートナーを認定するものです。

合格すればロボアプリパートナー認定ロゴと認定証書が提供され公に掲げることが許されます。Iotメーカーの開発者トレーニングと聞くと目の玉が飛び出るほどお金を払うような気がしますが、Pepperパートナープログラムの場合は無料です。それも気前のいいことに大企業だろうが零細企業だろう参加できるうえに、うちみたいにPepperを持ってない開発者に無料でPepperを使わせてくれる場所もあります。

Pepperパートナープログラム取得へ向けた計画表

1月〜3月

  • 説明会に参加
  • テクニカルレクチャー

4月〜5月

  • 筆記試験
  • 実技試験
  • 申請・認定

最初にアクションを起こしたのが1月の下旬。Macbookに開発環境を構築してサンプルコードを解析。Aldebaranアトリエの開発ワークショップに通っているうちにロボアプリの可能性に魅了され2月末に開催された説明会に滑り込み参加しすぐでに4月の筆記試験も申し込み済み。これに合格すると次の実技試験では実際に課題アプリの開発。すぐに課題を提出できても審査が混み合っていれば待つしかないです。認定がでるのは5月末くらいと思って計画してます。

今まではPepperロボアプリ開発はサイドプロジェクトでしたが、これからは仕事として受託できるようにしたいです。

今更ですが最初にこれで読んでおけば、余計な時間を無駄にしないですみました。


Comments are Closed on this Post