Pepperロボアプリ開発に向けて

ブログを再開しました

ブログを再開します。WordPressの研究も再開です。どこの変更がまずかったのかこのブログの表示が変です。会社の顔であるWebsサイトのデザインがこれではまずいと思いますが、このブログを見て私のスキルを推し量る目安にする方もいますので自力で直します。

新たな出会いは無し

人と会っていないわけではなく、懇親会、勉強会など参加しているが人脈に繋げるための一歩を踏み出せてない。まぁ、そんな時期もあります。

サーバ環境をmBaasに切り替え中

iPhoneアプリ開発環境のプログラミング言語をSwift2に移行しました。最近プロジェクトの中断という痛手がありましたが、代わりに貴重な知見が残りました。今後のスマホアプリのサーバ作り込みにはmBaaSを使うことにします。もっと前からmBaaSを利用するシステム構成にすれば状況は変わったかもしれませんが、この教訓は次回に生かします。

Pepperロボアプリやります

サイドプロジェクトとしてPepperのロボアプリを開発します。いろいろ調査して見た結果、Pepperのアプリケーション開発にはWeb開発とスマホアプリ開発で培ったスキルが流用できます。ここでもサーバ処理はmBaaSで対応できます。Pepper基本ソフトがベースにしているLinuxは得意分野ですし、フレームワークのROSはPepper以外の他のロボットとも共通するので、Pepper以外のロボット開発への転用できる見込めます。ロボット分野はビジネスというよりも研究目的の方が色合い強いのでいつまでニーズがあるかわからないし、Pepperもブームともに消える可能性があります。しかし、そんなことは移り変わりが激しいのはこの業界でそんなことを気にしていたら何もできません。

この本に、ここ10年くらいロボットの一つとしてPepperが紹介されてます。歴代のロボットと比べてPepperが一番の違いは何かいうとネットワーク接続されているというです。それまで全てスタンアローンで動いてました。スマホのようにネットワーク経由でソフトウェア更新も行えます。会話機能はIBMのメインフレームコンピュータにもつながります。攻殻機動隊に出てくるタチコマ達のAIが人口衛星のコンピュータに搭載されてたみたいな感じでしょうか。

Pepper、欲しいなぁ。早くロボアプリ開発を仕事にしたいなぁ。そうだ、すでにPepperを持っている人でボロアプリ開発者を探している人がいたら連絡ください。サーバ処理で困っているとか、オリジナルのボックス作るとか。こちらで開発を請け負ってもいいし、すでに内製しているなら訪問対応とかスポット対応の依頼も請けます。どうぞよろしくお願いします。